吉野宇陀和紙の製造工程

1.楮の伐採

楮畑から楮を刈り取る

楮
楮伐採
楮かつぎ
楮材料

2.楮蒸し(原木蒸し)

約4時間楮を蒸す

楮
楮伐採
楮かつぎ
楮材料

3.楮皮剥ぎ

蒸した原木より樹皮を剥ぎ取る これを黒楮(クロソ)と言う

楮
楮伐採
楮かつぎ

4.黒皮削り

楮の樹皮より表皮を取り除く これを白楮(シロソ)と言う

楮
楮伐採
楮かつぎ

5.川晒し

水に漬けて晒す

白楮ゆすぎ、または楮さらしという/白楮の束を花びらの形に開かせた形で吉野川に晒す/晴天の日に、冬-約8時間夏-約4時間晒す

楮
楮伐採

6.天日干し

繊維を緊密にするため、白楮にして天日干しにかける

楮
楮伐採

7.塵切り

剃刀の刃で白楮の傷の部分を取り除く

塵切り
塵切り
塵切り
塵切り

8.白楮の煮熱

白楮煮き、または楮煮きという 木灰汁でマッタリと煮る(ソーダ灰で煮ることもある)

白楮煮き
白楮煮き
白楮煮き
白楮煮き

9.水洗い(紙素出し)

灰汁を洗い流す

水洗い
水洗い

10.塵取り

丁寧に紙素の塵を取り除く

塵取り
塵取り

11.打解(紙素打ち)

紙素を石の上で、2本の樫の棒で細打ちする

打解
打解
打解
打解
打解
打解

12.ザブリかけ

ねりと白土を加え、ザブリでかき混ぜる

ねり・・糊うつぎの木の樹皮を細かく削いだもの/ザブリ・・繊維を細かくし、よく練り混ぜるための木製の道具

ザブリかけ
ザブリかけ
ザブリかけ
ザブリかけ
ザブリかけ

13.手漉き(紙漉き)

手漉きは厚さを一定に揃えるため、特に注意する

手漉き
手漉き
手漉き
手漉き
手漉き

14.紙床の圧搾

紙棚の水を取る

紙棚・・漉き上がった紙を水きりするために、重ねておいた状態

圧搾
圧搾
圧搾
圧搾

15.湿紙の乾燥

紙の乾燥

天日乾珠-松材の干し板に馬毛の刷毛で貼り、乾燥する

乾燥
乾燥
乾燥
乾燥

16.選別

紙の選別

選別
選別
選別

17.出荷

出荷作業

出荷
出荷